語学留学

語学留学するには

海外留学する人の多くは、語学留学をするために留学している人が多いです。

そして語学留学をした人は、海外の学校に通いながら語学を学び、実際生活の中で使うことで、実践的に語学力を養っていくのです。

日本でも英語の勉強は出来る物の、机の上だけで勉強しているだけですよね?ですが、語学留学をすると先ほども言ったように、実践しながら学ぶことが出来るのです。

日本では、なかなか体験出来ないことも語学留学をすると体験が出来るというのも語学留学の醍醐味だと思います。

また語学留学をすると、色々な可能性が広がっていきます。 海外で色々な経験を積むことで、成長することができますし、留学期間中に学んだことは、就職・転職などをする時にも、あなたの肥やしになるに違いありません。

コースも色々あり、ビジネス英語・試験対策・進学準備など目的別にコースが用意されています。

また語学力に自信がない人は、語学留学をして語学力をアップさせてから入学を考えるという人もいます。

また仕事をするようになってから、いずれは海外で仕事をしたいと考える人がいると思いますが、そう考えるのであれば、語学留学中にあるていどアンテナをはっておくと、いざという時に役に立つと思います。

英語はあくまでも会話をする道具にすぎないため、留学で経験したことをどのようい活かしていくかを考えて学んでいくといいのではないでしょうか。

語学留学のコースにESLコースという物がありますが、ESLが何なのかわからないという人がいると思うので、説明しておきます。

ESLとはEnglish as a Second Languageの略で、第二語言としての英語という意味です。 一般的には、留学生のための英語のコースで、海外の語学学校や、大学付属の語学研究機関で、このコースを受講することが出来るようになっています。


またESLコースでは、世界中の人達が集まって、英語を学んでいる、インターナショナルな場でもあります。 また現地の大学などに留学を持在している人は、正規の授業について行くことが出来るように集中的に学ぶことが出来ます。 そして終了するということは、先生に「大丈夫」とお墨付きをもらった印でもあるのです。

ESFコースでは、話す、聞く、読む、書く、文法などを集中的に学び、プレゼンテーションやレポート提出など、色々なことを通して英語を学んでいくのです。 土日は基本的には、フリータイムで、自由に過ごすことが出来ますが、学校が企画する小旅行やアクティビティに参加することも出来ますので、気になる人は参加するようにするといいでしょう。

そして語学留学をする時の滞在方法にも種類があります。 ホームステイや学生寮、民間寮、アパートなどがありますので、どれにするのかも考えておくといいでしょう。 短期間で語学留学を考えているのであれば、早く海外生活に慣れることと、会話力も磨くために、ホームステイをするのがおすすめだと思います。 逆に長期間で語学留学を考えているのであれば、ホームステイをして途中からアパートにするという手もあるようです。

どのようにするかは決まらないのであれば、誰かに相談してみるといいでしょう。

また留学をしたいと思っても、多くの費用が必要になりますが、どのような費用が必要なのかを見ていきましょう。 まずは授業料ですよね?その他には、滞在費、食費、航空運賃、教材費、交通費、保険料、諸手続き費用、お小遣いなどがあります。

滞在費については、先ほども言ったように、滞在方法が色々あるため異なってくると思います。 また語学留学をする国などによって、物価などにも違いが出てくるので、留学先により生活費の金額も異なってきますので、あらかじめどれくらい必要になるのか、確認しておくと安心でしょう。 このようにさまざまな所に費用が必要になってくるので、出来るだけ費用を抑えたいと考える人がいると思いますが、多くの語学学校では、一定の期間をまとめて申し込みをすると授業料が割引になる長期割引制度があるので、それらを活用してもいいと思います。

長期割引制度は、3ヶ月以上が適用になる場合が多く、授業料もだいたい15~30%も安くなることがあるようです。 必要を抑えたいと考えている人からしたら、これだけ割引されれば嬉しいのではないでしょうか。

またこの他にも、期間限定の授業料割引キャンペーンを行っていることもあるので、それらを上手に活用していくとお得になると思うので、考えてみるといいでしょ。

またどこに語学留学をしようか考えて、悩む人が多いかと思います。 アメリカであれば、語学留学でも大学キャンパスで学べるというコースが多いようです。

オーストラリアでは、安全で過ごしやすい親日派です。移民を受け入れていることから語学教育にも熱心ですし、公立の専門学校など幅広いです。

カナダは、英語とフランス語が公用語で、語学教育が盛んです。 海外初心者にもやさしい国民性と日本人スタッフがいる学校が多いので、人気があるようです。 このように語学留学先によっても、住みやすさや語学教育についても違いがあるので、そういった面も考えるようにしてください。

↑ PAGE TOP