留学 種類 内容

留学の種類とその内容について

留学の種類とその内容について

留学といっても色々な種類があるため、自分の目的に合った留学を考えてみましょう。 では、どのような留学があるのかなどを紹介していきたいと思います。

●語学留学
語学留学は海外留学の王道とも言えます。 語学力をしっかり身に付けたいと考えるのであれば、語学留学になるでしょう。 留学先の学校で学びながら、実際の生活の中で実践的に語学力を養っていくような形になります。 月曜~金曜までの授業では、文法、読解、会話、聞き取り、作文などを学びますが、学校により、選択科目などがある学校もあれば、週1回午後だけフリータイムがある学校もあるのです。 土日は基本的にフリータイムになっていて、自由に過ごすことが出来ますが、学校が企画している小旅行やアクティビティに参加することも出来るようになっています。

●高校留学
高校留学は、最短3ヶ月からすることが可能になっています。 現地の高校生に混ざって海外の高校で学ぶ高校留学では、語学力はもちろんですが、適応力やコミュニケーションをアップさせながら、自然に国際感覚を身に付けることが出来ます。 また高校留学することで、高校卒業後の進路にも刺激になると思います。 高校留学をするには、中学過程を修了または、修了見込みであることと、保護者の同意と理解が必要になります。

●大学留学
大学留学も多くなってきますが、海外の大学というのは、入学や卒業の時期がフレキシブルで専攻が多彩なうえに、現地の学生やさまざまな国から留学生が来るため、一緒に学び語学力やコミュニケーション能力や自主性などを身に付けることが出来ます 大学の種類は、2年生と4年生があります。 また入学に必要な学歴は、高校卒業以上になっています。 海外では、日本のように入試はありませんが、高校での成績が重視されることになります。また入学申請時には、TOEFLなどのテストスコアやエッセイの提出が必要のようです。

●大学院留学
大学院留学では、海外の大学院は学問を究める場、キャリア重視の実践的なスキルを身に付ける場として認知されています。 日本では学ぶことが出来ない専門的なスキルや知識を習得することが出来、さまざまな国の人達と、国際的なネットワークを作ることができるので、ハイレベルな語学力を身に付けることも出来ます。 大学院の種類は、学術系大学院と専門職系大学院があります。 大学院の入学に必要な学歴というのは、修士課程では大学の学部レベルの基礎知識が身に付いていることが前提になっています。

●専門スキルアップ留学
専門スキルアップ留学は、専門性の高いスキルを身に付けるためや、自分が興味のある分野を本場で学びながら、その分野の知識を深めることが出来るようになっています。 専門スキルアップでは、就職に役立つ技術が習得できることで人気が高くなってきました。 また学校やコースによって違いがありますが、修了証や資格取得が可能なのです。 分野もたくさんあり、自分の脅威があることや目的に合った物を見つける必要があります。 どのような分野があるかというと、ビジネス、トラベル・ツーリズム、ホスピタリティ、英語教授法、コンピュータ・グラフィック・映像、アート・デザイン、ファッション、アロマ・エステなどがありますので、合った物見つけましょう。

●休学・認定留学
これは日本の学校を休学して長期留学する、休学・認定留学です。 グローバル化に対応出来るだけの語学力や異文化適応能力などを身に付けることが出来るため、就職活動での武器として考えている大学生も多くなってきています。 また留学生で習得した単位は、日本の大学の単位として認める認定留学制度を持つ大学も多くなってきています。

このようにたくさんの留学の種類があるので、自分に合った物を考えてみるといかと思います。 また留学の他にも、海外に行く人がいるので少し紹介します。

●ワーキングホリデー
ワーキングホリデーでは、海外で1~2年間を暮らしながら学んだり、働くことを楽しむことが出来ます。 現地で働くこともできるため、自分で稼いだお金を生活費として使うことが出来ますし、国内旅行も可能なのです。 また異文化の中で、学校に通いながらアルバイトをすることも出来ますし、ボランティアに参加したり、スポーツ、旅行を楽しんだりと、留学とは違い自由に海外生活を楽しむことが出来るようです。

●インターシップ・ボランティア
インターシップとは元々学生が在学中に企業などで修習生として働く制度のことを言います。 海外のインターシップでは、仕事のスキルや実践的な語学力を磨くことが出来ますし、国際的なビジネス感覚を身に付けることが出来ます。

ボランティアは、地域コミュニケーションとの交流を通して、英語力や異文化体験をすることが出来ます。

このようにたくさんの方法があるので、自分がどうして海外に行きたいと考えているのかをしっかり考えてみてください。 どの方法であったとしても費用が必要になりますから、あらかじめどれくらいの費用が必要になるのかを調べておきましょう。

↑ PAGE TOP