語学留学 どこ いい

語学留学をするにはどこがいいの?

語学留学をするにはどこがいいの?

語学留学をしたいと考えている人は多くいると思いますが、いざ語学留学をするとなった時に、語学留学先をどこにしようか悩んでしまう人が多くいると思います。 留学をするとなるとたくさんの費用が必要になりますが、費用面を考えることも大切ですが、それだけではなく、あまりの環境、受けられる教育の質なども判断基準として重要になります。 では早速国ごとに少し紹介していきたいと思いますので、語学留学をしようと考えている人は、是非参考にしてみてください。

○アメリカ
留学生数が多いのは、圧倒的にアメリカが多いと思います。 多くの国から人が集まってくるので、多様なバックグラウンドを持った人達と交流することが出来るのもアメリカの1つの魅力かもしれません。 ですが、アメリカは銃を所持することが許されていますし、犯罪率も高い所はマイナスな部分かもしれません。 費用は3ヶ月であれば平均60万円~80万円かかるようです。
アメリカに語学留学をしたときのメリットとデメリットも見てみましょう。
◦メリット
・さまざまな国の人を交流することが出来る事
・大学などの教育がすごく発展している
・ネイティブと関わる機会が多い
◦デメリット
・物価が高い
・場所によって交通の便が悪い
・クラスの人数が多いため、話す機会が少ない
これらがメリット・デメリットになりますので、考えてみましょう。

○オーストラリア
オーストラリアは、温暖な気候ですし、若者文化がとても盛んな所が魅力でもあります。 またオーストラリアは、日本から約9時間で行くことが出来るので、比較的近い場所にありますし、時差もそれほどないので過ごしやすいかと思います。 また色々な国から若者が集まってきて、英語を勉強しに来ているので、友達をつくるにはいいかもしれません。 費用は3ヶ月であれば、40万円~70万円です。 オーストラリアは、時差はほとんどない物の季節は日本と逆だということを覚えておきましょう。ですが、基本的に天気が良いです。 オーストラリアのメリットとデメリットも見ておきましょう。
◦メリット
・時差があまりない
・英語メインで話されている
・ホームステイのクオリティが高い
◦デメリット
・なまりのある英語が話されることがある
・夏はすごく暑い、湿度も高い

○カナダ
カナダは、世界で最も聞き取りやすい英語だと言われています。 それにカナダではフランス語も公用語なので、ケベック州では英語とフランス語も学ぶことが出来るようです。 カナダの国民は、温厚でフレンドリーで、自然も広大なので魅力的です。 カナダも多くの留学生が集まってきます。 またカナダは、場所によって天候が異なりますし、冬では降水量がとても多いと言われています。
費用は3ヶ月で40万円~70万円です。
カナダのメリット・デメリットも紹介します。
◦メリット
・場所によってフランス語を学ぶことが出来る
・物価がアメリカよりも安い
◦デメリット
・冬はとても寒い
・都市と都市の間にかなりの距離がある
・語学学校に日本人が多い

○イギリス
イギリスは長い伝統と美しい街並みが人気です。
インフラが整っているため、フランスやベルギーなどにも簡単に行くことが出来るようになっています。 週末はアクティビティが多いことも嬉しい点だと思います。
費用は3ヶ月であれば、50万円~90万円です。
イギリスのメリット・デメリットを紹介します。
◦メリット
・質の高い教育を受けることが出来る
・名門大学付属の語学学校で授業が受けることが出来る
◦デメリット
・物価が高い
・語学留学のインターシップは不可になっている

○ニュージーランド
ニュージーランドは、とても自然が美しいです。
温暖な気候とフレンドリーな国民が魅力で、さまざまな国から人が集まってきます。
費用は3ヶ月で、40万円~70万円です。
メリット・デッメリットを紹介します。
◦メリット
・安全性が高い
・健康的な食事
・国民がフレンドリー
・留学生のための教育の質が高い
◦デメリット
・洋服などが高い

このようにたくさんの留学先がありますし、今回紹介した国以外にも留学をすることが出来ます。 どこに留学をするかは、あなたの目的に合った国に行けばいいと思います。 学びやすさや暮らしやすさを考え自分がしっかり学べる所を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

1人で決められないというのであれば、色々な人に相談してみて決めて見るといいかもしれません。 語学力をアップさせるために行くということをしっかり頭に入れて考えるようにしてください。 遊びに行きやすさなどは、あまり重視する点ではないと思うので、教育の質のいい所を選べるようにして見るといいでしょう。 またネットで色々調べてみると、どの国がいいのかなどもわかることが出来ると思うので、あらかじめ調べるようにしてください。

せっかく語学留学をするのであれば、費用もたくさん必要になるので、しっかり学ぶところを選ぶようにしたほうがいいかと思いますので、しっかり考えてみてください。

↑ PAGE TOP